黒ラベルのお勉強です

サッポロビール九州工場見学

おはようございます!

「サッポロビール工場へ行こうよ。できたてのビールを飲みたいでしょ?」
by嫁

思い返せば3年前、サッポロビール工場見学で嫁が出来立てビールを飲むのを尻目に、ドライバーの私はノンアルコールビール…。

嫁がその時のお返しとばかりに提案してきました。

そして昨日。
午前中は急な打ち合わせが入り、やや遅めに自宅を出発。

道中の山間
道中の山間

山間の紅葉は終盤に差し掛かっていました。

由布岳中腹に雲
由布岳中腹に雲

天気予報では晴れだったのに?

お昼過ぎ、目的の日田市に到着。

まずは豆田町で、日田焼きそばを頂く。

日田焼きそば
来々軒にて

日田焼きそばは、焦げ目を付けてから麺を解して炒めるのが特長。
そのため、固かったり柔らかかったりと様々な食感を楽しめる。

しっかり食べて豆田町を散策してからは、念願のサッポロビール工場へ。

まずは、ビールの蘊蓄を学べて、できたてのビールを楽しめる工場ツアーを予約。
ヱビスビールと琥珀ヱビスを試飲できるヱビスツアーを予約しようと思っていたら、私のうっかりミスで、ヱビスツアーの受付が終了していました…。
それで、まだ間に合う黒ラベルツアーに参加しました。

黒ラベルのお勉強です
黒ラベルのお勉強です

ミニシアターの映像を見ながら、美人ガイドさんから黒ラベルの歴史をレクチャーされます。

北海道初のビールは、冷製「札幌ビール」と名づけられ、1877年(明治10)9月に発売された。ラベルに開拓使のシンボル「北極星」が描かれたビールは評判となった。byサッポロビール物語http://www.sapporobeer.jp/story/1876/index.html

レクチャーが終わってからは…、

お待ちかねの…
お待ちかねのできたてビール!

うーん、うまい!もう一杯!

できたてのビールは…、エグみが全くなくて飲みやすい。
缶ビール独自の金属風味がもちろん、一切ありません。
普段はビールをあまり飲まない私も、ついつい昼間からグビグビとやってしまいました(^○^)

なぜ、できたてのビールはうまいのか?

「日本のものとは比較にならないほど、圧倒的にドイツのパブで飲むビールはうまい。なぜなら、ビールは工場から移動しただけで製品が劣化するものなので、ブルワリーが幾つもあってそれに隣接しているドイツのパブのビールはうまいに決まっています!」byドイツに在住していた友人

昔、友人の話していたことを実感させられました。

できたては、うまい!

最後に、家でうまくビールを注ぐ方法を教わりました。
そのコツは…、「3回に分けて注ぐ」とのことでした。

1回目:高い所から勢い良く注ぐ
2回目:泡が半分になったら、そっと注ぐ。
3回目:泡が盛り上がるまで注ぐ
以下、参考動画。

黒ラベルでした
黒ラベルでした

さて、今日も一日、頑張りましょう!

いつも見に来てくれて、ありがとうございます。
ポチッと応援をして頂ければうれしいです 。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

家庭菜園 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>